金山眼科|なんばウォーク|大阪市中央区難波
金山眼科|なんばウォーク|大阪市中央区難波
飛蚊症
症状(黒いものが見える)から見た可能性のある病気-飛蚊症-
飛蚊症(ひぶんしょう)
視界に蚊やゴミのような物が飛んで見えたり、視線を動かしたとき、それが一緒に移動するように見えたりする病気です。飛蚊症は、あらゆる年齢層に起こりますが、高齢の方ほど、 特に近視の人ほど多く見られます。
● 原因
老化
● 症状
目の前に黒点やちり、輪のようなものが動いて見える
● 飛蚊症を自覚する重大な病気
1. 網膜裂孔・網膜剥離
網膜に穴が開いてしまったり(網膜裂孔)、網膜が剥がれてしまった状態(網膜剥離)では、しばしば飛蚊症を自覚します。
2. 硝子体出血
糖尿病や高血圧、外傷などが原因で硝子体の中に出血することがあります。出血が軽度の場合は飛蚊症として自覚されることがあります。
3. ぶどう膜炎
一部のぶどう膜炎では硝子体に濁りを生じるため、飛蚊症を引き起こします。